読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stylefiveについて考えてみた


スタファイについて考えてみましたー。

ひとつめは、アイドルグループ版。




STYLE FIVEというグループは


七瀬遙(20)
橘真琴(19)
葉月渚(18)
竜ヶ崎怜(18)
松岡凛(19)

この五人組グループです。





七瀬遙
滑らかなダンスが特徴。澄んだ歌声。
母親の「オーディション行ったら鯖料理フルコース」の言葉に釣られてオーディションを受ける。橘とは幼なじみ。入所後、橘、松岡と共にユニットを組まされる(N・T・M)が乗り気ではなかった。大勢の人前で踊ること自体嫌だった。
show年clubに出る際先輩の曲を三人だけで歌って踊ることに。嫌がる七瀬に
「見たことない景色、見せてやるよ」と松岡。
今まで感じたことのない歓声と、独特な空気感。グループで歌って踊る楽しさを知る。
松岡の活動休止後は橘とコンビで売り出されるがしばらくして露出が極端に少なくなる。
松岡復帰後、事務所舞台に出演。その後style five結成。
グループ仕事以外の俳優業はまだない。
鯖について熱く語ったソロ曲がある。



橘真琴
身体が大きいため存在感がある。体幹がしっかりしているため安定感のあるダンス。ハモリの低音パートに定評がある。七瀬は幼なじみ。
入所後、七瀬、松岡とユニットを組む。
松岡が留学直後は七瀬とシンメ扱いだったが、七瀬が露出を控えると同時に橘の露出も……。(但し別名義でソロ活動有)その間身長が急成長。
松岡の帰国を知り、うじうじしている彼を説得。同時に七瀬との関係も取り持つ。
アイドルアイドルしている曲も嫌いじゃないけどバンドやりたい。
最近個人仕事で俳優業多め。




葉月渚
全身を使って踊る。上ハモ多め。自分の魅せ方を一番知っている。
小学生のときに姉と見ていた番組(show年club)に出ていた七瀬遙に憧れ、中学の時にオーディションを受ける。入所後七瀬、橘、松岡に懐くが松岡留学後、七瀬、橘が露出を控えると同時に関わりが薄くなる。(橘とは連絡を取り合っている)
七瀬が突然塞ぎ込みがちになったことを不思議に思う。またN・T・Mを見たいと思う。
松岡の帰国を知り猛アタック。橘も巻き込み猛アタック。
バラエティによく出る。先輩のドラマのバーターでドラマにも出る。
stylefiveラジオ固定MC。
精神的に一番大人。




竜ヶ崎怜
少し身体が固めのダンスが特徴的。リズム感は誰にも負けない。
嫌々ながらオーディションを受け入所。ダンスレッスン中、葉月に絡まれる。葉月に見せられたビデオの七瀬のダンスに魅了される。また、N・T・Mのグループとして息の合ったダンスに憧れる。
松岡には事務所舞台の顔合わせで初めて接触。
有名大学に進学。頭の回転が早い。
生放送昼番組のレギュラーも持つ(水曜日辺り)ため主婦層の認知度は高い。
stylefiveラジオでは番組固定MC。stylefiveの番組でも、基本的には彼がMC。
ライブでMCを回すのは彼。




松岡凛
キレっキレのダンスと、特徴あるビブラート。

妹の友達の姉に履歴書を送られる。妹のお願いを断れずオーディションに参加。そのまま入所日に雑誌の撮影。早い段階でコンサートに出演。可愛らしすぎる笑顔に小さいのにキレのある踊り。天使の歌声(デビュー組のCDのコーラス)。一時期話題になる。
七瀬、橘とグループを組みshow年clubに出演。
Jr.のトップに君臨するも、メディアによって作られていく自分と本当の自分との差に悩み活動休止。
ダンスを学ぶため留学。しかしスランプに陥る。帰国後自分の殻に篭ってしまう。橘や葉月の説得の末しぶしぶ復帰。事務所舞台に出た際、観客を魅せる楽しさを思い出す。
モデル業をちょいちょいやる。近々事務所舞台で主演予定。
留学中息抜きでギターを弾いていた。
ライブでファンを煽るのは彼。


















センターは曲によって変わる。ただ、タイアップを取ってくるのが多いのが橘である確率が高いため必然的に橘多め?
徐々に他メンバーもタイアップ取れるようになればいいな。
リーダーがいるとしたら真琴かなぁ。


渚怜ちゃんは愛ちゃん桃ちゃんとも一時期ユニットを組んでいたかもしれない。

宗介も同じ事務所。俳優売りをされている。凛と幼なじみ。カラオケに行くと事務所の曲を歌って踊る。ドラマの企画で松岡とのユニットでCDを一枚出している。

御子柴清十郎はT〇KI〇的な。

結成前の事務所舞台のメインメンバーが七瀬遙、橘真琴、葉月渚、竜ヶ崎怜、松岡凛。その後style fiveとして活動開始。2年後CDデビュー。

松岡は留学中、たまたま帰省した際に七瀬に会って、七瀬のダンスに改めて魅せられる。松岡の様子が前と違っていることに気付いた七瀬は松岡を心配する。しかし精神的に不安定だった松岡は心配されたことがさらに追い討ちとなり逆上。


真琴、凛、怜のバンドユニット有。
真琴……ベース
凛……ギター
怜……ドラム

そのうち皆でバンドアレンジやればいいよ。
渚……キーボード
遙……ギター






思いついたらまた追記します。
次は俳優寄せ集め期間限定ユニットver.

拗らせ女子の一例


23歳、年齢=彼氏いない歴がこの状況をどうにかしようと可愛い友人に誘われるがままに街コンに参加した。
結果、先日の記事となる訳なんですけれども……。

根本的に、恋愛とはなんぞや?という疑問にぶち当たっている。


考えてみれば、今まで好きになったものは私にとって全て消費の対象であった。
漫画も、アニメも、俳優も、ジャニーズも消費してナンボ。まだ行ったことはないが、恐らくホストもここに入るのだろう。



好きになった人(またはキャラクター)に対しての行動は主に


・それに関するグッズを買う(写真、CD、DVD含む)

・番組(舞台)を見る

・BLな妄想をする


この三点である。
特に三番目は私の生きがいであり、なくてはならない。むしろ三番目のためのその他の行為なのである。



私にとっての「好き」は、そのキャラクターにハマり消費するなのである。二次元も三次元も関係ない。

そんな私の「好き」に対して直接的に返されるものは何もない。それが普通なのである。
10年以上そうだった。




先輩や友人たちの恋愛話を聞いているとズレを感じることがある。

しかし、どうにも出来ないのが現状だ。











私にとっての「恋」は遙凛で、「愛」は雪燐である。

これは理想で幻想で、現実とは程遠い。






腐るのは悪くないけれど、ろくに恋愛をしないでいるとこうやって拗らせる可能性があるので注意したいところである。

玉を投げる行為

いつもに増してどうでもいい記事を書こうと思う。


私の視野は狭い。
何でも受け入れるキャパシティもない。
そして、諦めるのは大の得意だ。




私は球技が苦手である。その他は人並みに出来るのだが球技だけはからっきし。
バレーボールからバスケ、サッカー、ソフトボール、テニス、卓球、ボーリング、全て出来ない。
バドミントンは別だ、羽だから。

見るのは好きだ。
一所懸命に何かに打ち込む姿というのは恰好いい。


しかし、自分がやるとなると、ストレスだけが溜まる。
団体戦だと特に。

そんなわけでずーっと球技を避けてきた。
しかし、そんな私に試練が。

社内ボーリング大会。

社会に出て強制的にボーリングをやらされることになるとは思いもしなかったのである。








無事ブービー賞。






人間って、変われるのかな……。

街コンに行ってきた

タイトルの通り本日、人生初街コンに参加してきました。合コンにも行ったことがない喪女が……。



救いだったのは同期の可愛いおにゃの子と一緒ぐふふ。
私、精一杯女の子らしい格好がんばったよ。コスプレ気分だよ。





一軒目
居酒屋さん。

一巡目。
そこそこイケメンな二人。(ひとりは福士蒼汰、もう一人はナオト・インティライミさんっぽい)
ヲタクに対しての嫌悪感はなさそう……かな?
好きな芸能人を聞かれ「関ジャニの……、多分わからないです」という応答に対して少し盛り上がる。錦戸、すばるはすぐに出る。

福「いや、関ジャニでしょ?分かる分かる。えーっとね、ぬ~べ~やってた……丸岡?」
私「それは丸山ですかね」
ナ「あれは?月曜の」
私「村上ですね」
福「最近ドラマ出てるイケメンな人は?」
私「(イケメンだと思ってくれた人がいるのか!)」
福「大倉だ大倉!」
私「あー(ですよねー)」




結局正解には至らず。ですよねー。
eighterと言う言葉を知ってたよ。




二巡目
まさかの6人席。
猿岩石っぽいのと、ホンコンと付き添いに挟まれる。
6人席はキツイ。両隣地元トークで盛り上がってるし。どう話せばいいのか分からないまま後半とりあえず猿岩石を担当。







店移動
このジャンルはアカン。辛いものばかり、食べられない。


一巡目
また6人席。右には公務員二人(はんにゃっぽい)。左には良く分からないの。
何話したかなー。公務員辛いって話かな。



二巡目
またまた6人席。右には公務員(MC)と営業マン。左にはお疲れ気味な二人。左右のテンションの差が激しすぎる。後半左お通夜ムード。
ここだけ連絡先交換なし。


三巡目
やっと四人席、鉄道関連。後輩?が先輩をヨイショヨイショ(」・ω・)」
アウトドアな方々らしい。眩しい。





500円だと言われて二次会にも参加。

店移動一巡目の良く分からない人達が隣になる。
アニメの話で盛り上がる。楽しかった。





本日の結果。

自分のフィールド外の話題になると置物になることが分かった。(ただしフィールドはヲタ話のみ)

フィールドを広げないとなぁとは思うけれどね。
面倒くさいね。


あと、参加後余程ガツガツいかないと先は難しそうな気がする。後、個人的なことでは相手の名前が全然覚えられない。LINE交換してもピンとこないよ!


ボディタッチが積極的な女性もいらっしゃいましたが男性はちょっと引き気味。(多分ここは人による)
進んでMCになる人は街コンとか合コンとか慣れてると思われるから、あまり女性はMCになろうとしない方がいいと思われる。

あと6人席は本当疲れる。

15分の2くらいでそこそこイケメンがいる。雰囲気イケメン入れたら15分の4。



たまにはいいんじゃないですかね。街コン。
コミュ力鍛えられるよ。その分疲れるけれど。

ただ、こう、本当拗らせてるから「いい感じの人」が分からない。この人イケメンだなぁってのは思うけど見てるだけで(っていうか喋れたし)もうお腹いっぱいだよね。



どうでもいいことだけど、スタッフの顔面偏差値が高かった。あと若いね。

ブログなんて何年ぶりだろう。
高校生のときにはブログからdecooのリアルタイムに移行して、その後はTwitter……。呟くことに慣れすぎて文章が書けなくなってしまった。

Twitterだとね、これくらい前は何考えてたんだろうとか辿るの面倒だからね。日記も必要よね。備忘録的な、そこまで重要なことは書かないけれども。適当に。



今までのこと


小学生……グルグル、スパイラル、魔ロキ等にハマった後、ボーボボデスノ銀魂にハマる。夢見る。
中学生……銀魂原因で発酵す(腐)る。ツバサ、xxxHOLiCも好き。鈴村健一さん関連の作品(電凹、種デス、D.G等)、番組(チェリべ、関口さん等)を見る。
高校生……ギアスにハマる。テニミュ空耳から沼へ、ドンドンドドドン四天宝寺。平野良さんの舞台を見るようになる。
大学生……青エクからのFree!沼。モニタリングの山田回を見て関ジャニに興味を持つ。DVD買う(8est初回)、そして沼へ。

三次元にハマるのは入試(就活)の年のタイミング。
ハマった(好きになった)ものは今も好き。
だいたい、そんな感じ。







とりあえず明日は街コンということでね。

生きた年数=彼氏いない歴(ほぼ)な私が街コンですって。驚きね。

10年前くらいに発酵してから、恋愛をしていない訳ですが。どうなるのかね。